トップ > 社員紹介


営業部設計課   天野 広美

主なプロジェクト:
女子学生寮 新築工事 (提案中) (2016年8月〜)

 入社4ヶ月目から、上司に推薦されて、プロジェクトに参加。 校舎と食堂の施工は決定し、女子学生寮に関しては、現在設計図を書いて提案段階。受注を目指している。


プロジェクトにどんな思いで向き合っていますか?

 たまたま高校時代に学生寮に入っていたこともあり、上司からやってくれとポン!と言われたことが始まりでした。まずは提案からということで、自分の住んでいた寮の図面を描いて、自分ならどうしたいかを盛り込んで話を進めていました。そんな時、校舎の新築と食堂の改修に関して、施工会社を決めたいという話になり、お客様が「内藤さんが寮のことで頑張ってくれているから」と任せて頂くことになったのです。この時は本当に嬉しかったです。いろいろなことを意識して提案していくことで、仕事が広がっていくことを学びました。あとは寮の設計と施工を受注できるよう、お客様の立場に立って、何を意識しなければならないのかを常に考えて、プロジェクトを進めていきたいと思っています。

その経験はどのように活かされていますか?

 まだ一年目ですし、この案件もまだ受注していないので、どう活かされるかは、正直わかりません。ただ今回の案件を進める中で、コストの意識や、建物として基本的な法律の問題、さらには女子寮なので、セキュリティの面で塀の高さをどうするかなど、ただ設計すればいいのではなく、お客様によって、どんなところを意識しなければならないのかを自分で気付かなければいけないことを学んでいます。これは今後、どんな案件に関わることになっても、原点となるものですから、常に立ち返ることを意識し続け、お客様に必要とされる立派な設計士を目指します!


入社動機

大学で建築を専攻しており、就職は設計も施工もトータルで関われるゼネコンを希望していました。内藤建設は全工程に関われますし、何より地元で身近だったことと、会社の雰囲気がアットホームだったことが決め手です。

内藤建設の「ここが好き!」

まず「やりたい」と言ったことにチャレンジさせてくれるところです。加えて研修に力を入れる社長のもとで、社会的なことなど、人間的な部分での学びの場があることが魅力だと感じます。


私を支えてくれるモノ

 ズバリ上司です。仕事に関して、自身がお忙しいのにも関わらず、確認や指導をして頂きます。仕事のこと以外でプライベートなことも、何でも話を聞いてくれます。仕事で不安な時でも、元気がない時にはさりげなく声をかけてくれたり。精神的にすごく支えてもらっていますし、本当にいい上司に巡り会えたと心から思える人です。